知ることからはじめましょう

自分を知り運命を知る!
 
カバラ的占星術チャート
リーディング・セション
 
神の叡智を知る!
 
カバラ・スタディグループ
「エノクの会」
会員募集中 !!
 

 

ぜひ、ごいっしょに!

 
✡新規イベント準備中です
  今暫くお待ちください  
 
日程 : 未 定
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未 定  
 
 
「カバラ入門1日コース」
 
カバラの誕生から現在に至るまでの歴史的変遷、及び“トレドの伝統カバラ”の基本的概念を学びます。
また今回は特別に「ユダヤ人大富豪の教え」と題して、私が直接ユダヤ人のとある大富豪より伝えられた「秘密」もお伝えする予定です。
 
 
日程 : 2013年12月29日(日)
時間 : 11:00~18:00
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : \8000.-
 
※講座終了後イスラエル料理店にて懇親会を予定(任意参加)
 
 
 
 
 
 
第一期:「エノクの会」開催要綱
 
※「エノクの会」に於けるカバラの学習内容は、マギー・ホワイトヘッド女史の「トータル・カバラ・コース」の解説から、シモン・ハレヴィ師の著述及び講演会、ワークショップの解説を中心としたものに変更致しました。
 
日程 : 調整中
時間 : 調整中
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未定
 
 
 
 

 

 
 
 
 
カバラ : 生命の木
        生命の木

トレド伝統のカバラ : "ホークウッド・カレッジへの道" コース 

 

 『エノクの会』では今まで、"トータル・カバラ・コース"として、シモン・ハレヴィ師のお弟子さんであるマギー・ホワイトヘッド女史著作の「Total Kabbalah」をテキストとして使用して参りましたが、この度、「毎年夏に英国コッツウォールズ地方のホークウッド・カレッジで開かれるハレヴィ先生の、"カバリスティック・サマー・スクール"に参加しても講義の内容がきちんと(あるいはある程度)理解出来る」ということを目標に掲げ、プログラムの内容を一新することに致しました。

 

 

プログラム内容

✡基礎編:カバラの象徴学 (全4回予定)

※ハレヴィ先生の著作より基本的事項をピックアップして、解説を致します。

詳細な学習内容は以下の通りです。

 1.顕  現:アイン/アイン・ソフ/アイン・ソフ・オール、ツィムツム、セフィロト

 2.四世界:アツィルート界、ベリア界、イエツラー界、アッシャー界

 3.アダム:アダム・カドモン

 4.解剖学:アダム・カドモンを形成する4つの解剖的構造 

 5.求  道:トーラー=モーセ五書に於ける教え

 6.訓  練:カバラに於ける修行

 7.一体化の作業

 8.創造の作業

 9.完  成

 

✡応用編:ゼヴ・ベン・シモン・ハレヴィ師講義録より解説 (全6回予定)

※ハレヴィ先生のホークウッド・カレッジに於ける "カバリステイック・サマー・スクール" や来日時の講演記録を中心に、先生のロンドン・スタディ・グループでの講義録なども交えて解説をする予定です。また、実習や野外活動なども実施する予定ですのでお楽しみに。

 

 

『エノクの会』 "ホークウッド・カレッジへの道"コースの基本的な開催要項は以下の通りとなっております。尚、都合により変更になる場合もございますので予めご了承ください。

 日 程 : 毎月1回、参加者の方の予定を考慮して決定致します。

 時 間 :13:00~19:00

 会 場 :JR目黒駅すぐ近くのサロン 

 会 費 : ¥8,000.-

 

 

 これまで、毎年 "カバリスティック・サマー・スクール" には参加していたのですが、今年はよんどころない事情があって、どうしても参加することが叶いませんでした。参加した私の日本に於ける師の話では、ハレヴィ先生が例年になくお元気であったとのことで、直接お会いできなかったのは非常に残念ではありますが、昨年は体調が優れないとおっしゃっていたこともあって、少し安心しました。しかしながらご高齢であるために、いつカバラを教えることを辞めてしまわれるかはわかりません。正直なところ毎年、「これが最後かも・・・」などと良からぬ思いが湧きあがってくるのも事実です。

 もし、カバラにご興味がおありでしたら、是非、現代最高のマギ(=カバラの師)のひとりといわれるハレビ先生から直接教えを受けてみては如何でしょうか。

 

 

 お申込み/お問い合わせはこちらから

 

 

 

※注意とお願い

 ホークウッド・カレッジで開催されるシモン・ハレヴィ師の、"カバリスティック・サマー・スクール" への参加は、基本的に自己責任で行って戴きます。

渡航手配、スクールの申込み、滞在先と食事の確保などは参加者各自でお願いを致します。但し、ご相談戴ければ私の方できちんと手続きが行えるようアドバイスを致しますので心配は御無用です。

 ホークウッド・カレッジでも、基本的に現地集合/現地解散ですが、予定が合えば御一緒することも可能でし、イギリスには不思議なところが沢山ありますから、そういったところへもご案内することができるかもしれません。

 つまり、当コースがホークウッド・カレッジでの受講までも含めたパック・ツアーではないということだけ、ご承知おきください。

 

 あっ!、大事なことを失念しておりました。

 当然というか、勿論というか、講義は全て英語で行われます。イギリス国内他、オランダだ、スペインだ、ポーランドだ、メキシコだ、U.S.だ、オーストラリアだと各国から大勢が集まって来ますが、講義は全て、ちょっと鼻にかかった、正直かなり聞き取りにくいハレビ先生のブリット・イングリッシュです。

 「じゃぁ、折角行ったって英語がわからないんじゃ意味ないじゃん!」と思ったあなた。ちょっとお待ちあれ。実は、その為の"ホークウッド・カレッジへの道"コースなのです。正直なところ私も、講義は半分も聴き取れれば良い方です。ハレビ先生は、例年の参加者の中でも私が一番英語ができないという事を理解して下さっているのでしょう、良く「大丈夫かい?」と心配をして声をかけてくださいます。しかしながら、ハレビ先生の講義では、スライドを多用するので、予習をしておけば結構理解できてしまうものなのです。始めて参加した時は英語もカバラも全く分からなくて、本当に涙がでてきそうになってホームシックに陥りました・・・が、翌年はハレビ先生の講義録(DVD)を購入して、一生懸命(?)勉強したおかげで、大分理解できたように思います。

 それにハレビ先生は、「言葉がわからなくても魂のレベルで理解しているので、スクールに参加しているだげで十分なのだよ」ともおっしゃっていました。実際、以前、日本から全く英語がわからない人が何人か参加したこともありますから。

 唯一残念なのは、折角ハレビ先生に教わっているのに質問ができないことですね。まぁ、これも心配するより行動してしまえば良いだけのはなしなのですが・・・

 

 皆さんのご参加、心よりお待ちしております。