知ることからはじめましょう

自分を知り運命を知る!
 
カバラ的占星術チャート
リーディング・セション
 
神の叡智を知る!
 
カバラ・スタディグループ
「エノクの会」
会員募集中 !!
 

 

ぜひ、ごいっしょに!

 
✡新規イベント準備中です
  今暫くお待ちください  
 
日程 : 未 定
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未 定  
 
 
「カバラ入門1日コース」
 
カバラの誕生から現在に至るまでの歴史的変遷、及び“トレドの伝統カバラ”の基本的概念を学びます。
また今回は特別に「ユダヤ人大富豪の教え」と題して、私が直接ユダヤ人のとある大富豪より伝えられた「秘密」もお伝えする予定です。
 
 
日程 : 2013年12月29日(日)
時間 : 11:00~18:00
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : \8000.-
 
※講座終了後イスラエル料理店にて懇親会を予定(任意参加)
 
 
 
 
 
 
第一期:「エノクの会」開催要綱
 
※「エノクの会」に於けるカバラの学習内容は、マギー・ホワイトヘッド女史の「トータル・カバラ・コース」の解説から、シモン・ハレヴィ師の著述及び講演会、ワークショップの解説を中心としたものに変更致しました。
 
日程 : 調整中
時間 : 調整中
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未定
 
 
 
 

 

 
 
 
 
カバラ : 生命の木
        生命の木

占星術とカバラ

カバラ 生命の木 占星術 ポルタエ・ルキス
   『ポルタエ・ルキス(光の門)』より
ユダヤ人の占星術に対する関心は、「タルムード」及び「カバラ」の秘法に明らかである。カバリストは惑星諸神を<生命の木>の上に配置し、それらは神話的、天文学的例えによって、セフィロト、すなわち神聖の流出の諸質を表現しているという。それらのものの相互関係は、<生命の木>に書き表わされている。上図では、惑星の能動的役割(右の柱)と受動的役割(左の柱)が、発光体(太陽と月)に於ける意識を表す中央の柱とともに示されている。
 

 どの人生にも特有のパターンがあります。ドラマに満ちた人生があり、穏やかな人生もあります。幸運に恵まれて見えるものもあれば、不運に呪われているかに見えるものもあります。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。そして、多くの人が次のように問いかけます。一連の出来事を予め定め、人生の歩みの中で起きる危機を引き起こすものは何なのでしょうか。占星学者はあれやこれやの天体配列の影響を詳述するが、実際のところこれらが私たちにどのように影響するかについては、その根拠や仕組みを滅多に明らかにしてはくれません。占星学の背後にあって、運命の解析に霊的次元を付け加え、神的目的を指し示す古くからの教えの中に、その答えは見出されるでしょう。

- by Z'ev ben Shimon Halevi -

 

『ラツィエルの書』にみる占星術

 

 『ラツィエルの書』は、『セーフェル・イェツラー』(形成の書)の宇宙論的傾向から、純粋に神智学的方向へと移行する際の橋渡しということができる。同時に超自然的な事柄と世俗世界の間には密接な関係があることを示し、とりわけ星には、人間の運命を左右する力があることを教えてくれる。従って、それを学べば、人間は未来を予知する能力を持つことができると信じられた。こうしてこの書は、天文学、あるいは高尚な占星術をカバラに導入したのである。

 

 カバラの占星術に於いても他の占星術同様、天を12の宮(パディム)に分割する。すなわち、①生命の宮、②富の宮、③兄弟の宮、④親族の宮、⑤子供の宮、⑥召使の宮、⑦結婚生活の宮、⑧死の宮、⑨信仰または憐れみの宮、⑩名誉の宮、⑪友情の宮、⑫敵の宮である。人間の過去と未来は7つの星、つまり太陽、月、金星、水星、火星、木星、土星と、黄道12宮(星座)との位置関係で決まる(その人の誕生時ホロスコープにより運勢を読み解く)。

 

 

 
このページは制作中であります。
資料が纏まり次第更新しますので乞うご期待!
またのご来訪を心よりお待ちしております。
すぐに戻って来てくださいネ!