知ることからはじめましょう

自分を知り運命を知る!
 
カバラ的占星術チャート
リーディング・セション
 
神の叡智を知る!
 
カバラ・スタディグループ
「エノクの会」
会員募集中 !!
 

 

ぜひ、ごいっしょに!

 
✡新規イベント準備中です
  今暫くお待ちください  
 
日程 : 未 定
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未 定  
 
 
「カバラ入門1日コース」
 
カバラの誕生から現在に至るまでの歴史的変遷、及び“トレドの伝統カバラ”の基本的概念を学びます。
また今回は特別に「ユダヤ人大富豪の教え」と題して、私が直接ユダヤ人のとある大富豪より伝えられた「秘密」もお伝えする予定です。
 
 
日程 : 2013年12月29日(日)
時間 : 11:00~18:00
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : \8000.-
 
※講座終了後イスラエル料理店にて懇親会を予定(任意参加)
 
 
 
 
 
 
第一期:「エノクの会」開催要綱
 
※「エノクの会」に於けるカバラの学習内容は、マギー・ホワイトヘッド女史の「トータル・カバラ・コース」の解説から、シモン・ハレヴィ師の著述及び講演会、ワークショップの解説を中心としたものに変更致しました。
 
日程 : 調整中
時間 : 調整中
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未定
 
 
 
 

 

 
 
 
 
カバラ : 生命の木
        生命の木

ちょっとだけ不思議なおはなし

 久しぶりに、下北沢にある友人のカルキさん(亀井、じゃない仮名)がやっているバーに行ってきました(亀井がやってるバーじゃないよ)。今年、外へ飲みに行くのは2回目。基本的に、心理(=カウンセリング)を6年間共に学んだMe(=私)の御学友が抱えている問題の相談にのると云う主旨だったのですが、まぁ、そんなことはこの記事の趣旨とは全く関係ないので割愛させて戴きます。

 

 で、その亀井さん、じゃないカルキさんから聞いた話。

 

 3月11日、そう、あの東日本大震災の起こった日のこと。

 

 その日は、金曜日だったこともあり、忙しくなることが予想されたので早めにお店に行って、開店の準備をしていたそうです。そしてあの震災・・・凄まじい揺れにカウンターや棚に置いてあったお客さんのキープボトルが次々と床に叩きつけられていったそうです。カルキさんは、さすがにヤバいと思って表に避難。あの長い揺れが治まってからも暫くは、同じように表に避難をしていた近所のおっちゃんとしゃべりこんでいて、やっと心の落ち着きをとり戻した頃にお店へと戻ったそうです。


 お店の中はというと、床にボトルが散乱して大変なことに!「あわわっ」と立ちくらみしそうになりながらも勇気を振り絞って事実確認をしてみると、割れてしまったボトルは、未だ店にいる時に見た、最初に落ちてきた2本だけ。残りは、真っ逆さまに落ちたのか多少ボトルのキャップの部分が凹んでいたりはするものの、それ以外に被害は全く無かったとか。「2本で済んだんだ」と安堵しながら、割れたボトルを片付けようとしたところ、まず、最初に落ちて割れたのはお店の常連で、Me(=私)の友人でもある、じぇりちゃん(家名、じゃない仮名)のボトルであることが判明。「あぁ、じぇりちゃんのボトルかぁ」と思いながらガラスの破片を集め、こぼれているお酒を拭き終わって、次に落ちて割れたボトルを片付けようとしたところ、それが、やっぱり常連のコーヘイくん(加盟、じゃない仮名)のものであることが判明。私自身もコーヘイくんを知ってはいるけれど、どちらかと言えば、コーヘイくんの親父さんの方を良く知っているといった関係。この親父さんについては、また幾つもの伝説があるんだけれど、それはこの記事の趣旨ではないのでまた後日。で、コーヘイくんのボトルを片付け、その他落ちてきたボトルも全部元の棚に戻して取り敢えず開店準備O.K.という段まで辿りついたと。


 それから間もなく、夕方の5時くらいに、早々と最初のお客さんが階段を昇って来る足音がする(お店は2階にあるのです)。店のドアを明けて入って来たお客さんの顔を見ると何とそれは、最初にボトルが割れっちまったじぇりちゃんではあ~りませんか。地震のせいで会社が早く終わったので、帰りがけに「カルキさん大丈夫かな?」と思って様子を見に来たんだそうです。カルキさんは、じぇりちゃんにボトルが割れてしまったことを告げて、お詫びにと新しいボトル入れてあげたそうです。じぇりちゃんは、自分の家が心配だったこともあり、いつものように長居はせず、数杯飲んだだけで早々に帰宅したそうです。


 それから暫くは、誰一人として訪れる者もいなかったので、カルキさんが「今日は、もうお客さんは来ないかなぁ」と思いだしたその瞬間に、また、階段を昇って来る足音が聞こえたそうです。「おっ!?こんな時に誰だろう?」と興味津々甘栗で入口のドアをガン見(=凝視)していると、ドアを開けて入って来たのは、な、な、なんと!2番目に割れたボトルの持ち主、コーヘイくんであったのでした!コーヘイくんは地震直後に会社を出たそうですが帰宅難民となってしったので、お店が帰宅路の通り道でもあるところから休憩と様子見を兼ねて寄ってみたそうです。カルキさんは、不思議なこともあるもんだと思いながら、コーヘイくんにボトルが割れてしまったことをお詫びして、じぇりちゃん同様、新しいボトルを入れてあげたのでした。コーヘイくんも、未だ先の遠い家への帰り道であるところから、ほんの数杯だけ飲んで足早に立ち去ったとのことでした。


 そうやって、下北沢のバー「ウマイル(仮名)」の震災の夜は更けていったのだそうです・・・。

 

 因みに、Me(=私)のスコッチのボトルも入っていたのですが・・・結果、完全無傷のロックン・ローラーでした・・・残念!! って、大して飲みに行きもしない癖にセコ過ぎかぁっ!!