知ることからはじめましょう

自分を知り運命を知る!
 
カバラ的占星術チャート
リーディング・セション
 
神の叡智を知る!
 
カバラ・スタディグループ
「エノクの会」
会員募集中 !!
 

 

ぜひ、ごいっしょに!

 
✡新規イベント準備中です
  今暫くお待ちください  
 
日程 : 未 定
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未 定  
 
 
「カバラ入門1日コース」
 
カバラの誕生から現在に至るまでの歴史的変遷、及び“トレドの伝統カバラ”の基本的概念を学びます。
また今回は特別に「ユダヤ人大富豪の教え」と題して、私が直接ユダヤ人のとある大富豪より伝えられた「秘密」もお伝えする予定です。
 
 
日程 : 2013年12月29日(日)
時間 : 11:00~18:00
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : \8000.-
 
※講座終了後イスラエル料理店にて懇親会を予定(任意参加)
 
 
 
 
 
 
第一期:「エノクの会」開催要綱
 
※「エノクの会」に於けるカバラの学習内容は、マギー・ホワイトヘッド女史の「トータル・カバラ・コース」の解説から、シモン・ハレヴィ師の著述及び講演会、ワークショップの解説を中心としたものに変更致しました。
 
日程 : 調整中
時間 : 調整中
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未定
 
 
 
 

 

 
 
 
 
カバラ : 生命の木
        生命の木

瞑想会&第2期「エノクの会」の反省会    取り敢えずは無事(?)に終了したものの・・・

✡5月14日 「カバラの道」瞑想会

 前日に、山蔭神道第79代宗家・山蔭基央管長のお話を伺って来ていたので、その時のお話をしますって、HPにも告知しておきました。

 恐らく、大分部分の参加者の方は、今現在の日本において、神界、浄明界、霊界といった神道の非物質世界に於いて、神様やご先祖様たちがどういった働き(活動)をなさっておられるのかと、こういった部分に興味満載であったに違いありません。

 しかしながら、私が山蔭先生からお話を戴いた内容は、非常にシンプルに、この世に顕現した人間としての正しい在り方、日本人としての正しい在り方についてであり、神様や神道についてのお話は殆どありませんでした。

 先生に「神道とは何ですか」とお聞きしたところ、「神道とは正体不明なものであります。あるかないかわからんもんです。」とのお答えを戴きました。そして先生は「神道とは何ですかと聞かれた場合、あそこに在るような(と庭に生えている桜の木を指さして)桜を見て『あれが神道です』と答える他に仕方が無い」と仰いました。そういえば、ハレヴィ先生にカバラとは何ですかとお聞きした時に「実は何だかよくわからん」と仰っていたことを思い出しました。結局のところ神秘思想や神秘主義などというものは、実体が無く掴みどころの無い、得体の知れないものかもしれません。それじゃぁ、そんなものを懸命になって追及している私たちって一体・・・

 そうは言っても、山蔭先生のお話は、私の胸を打ち、様々なことに対する開眼の大きな手助けとなったのですが、私の話が参加者の皆さんのご期待に沿えなかったということは、私自身の雅量の無さというか人間としての未熟さの現れなのだろうと思います。本当に素晴らしい話だったのに、殆どそれを伝えられなかったことは非常に悔やまれると同時に情けなく、悲しい気持ちにもなりました。

 それでも、次回の瞑想会では、今回伝えることができなかった山蔭先生の残りの部分のお話をしようかなと思っています。折角伺った話を、ごく少数の人間だけに留めておくのは、やはり勿体ないような気がしますからね。

 それと、参加して戴いた皆さんに。『創造の梯子』の瞑想、お話の方が長くなってしまって、結局出来なくなってしまいまいして、本当に申し訳ありませんでした。看板に偽り在りですよね。この瞑想は、私がファシリテートするカバラの瞑想の中で最も人気の高いものなので(単に一番短い瞑想=15分だからかもしれませんが)、もしかしたら期待しておられた方がいらっしゃったかもしれません。次回に必ずやりますからと言っても埋め合わせにはならないのですが、それでも、次回は『創造の梯子』の瞑想をやる予定でいますので、懲りずにまた、遊びに来てくださいね。

 

 

✡5月15日 第2期「エノクの会」トータル・カバラ・コース 第1回

 とにかくノルマをこなそうと、カバラ初学者の方々を相手に、詰め込むだけ詰め込んでしまい、勉強会が終わったあとで反省しきりでした。何か、学生時代に自分が学校で受けた授業みたいな、ただ淡々とノルマをこなすだけの無味乾燥な詰め込み式授業を思い出してしまい、またまた、後悔の念と情けなく悲しい気持ちに苛まれてしまいました。

 学生時代、早稲田予備校に通っていたことがあります。現代国語の特別クラスがあって、講師の方の名前は忘れてしまったのですが、そのクラスは常に定員をオーバーする超満員のクラスでした。いつも一番広い大講堂を使っても立ち見(とは言わないか、立ち受講?)で廊下まで生徒が溢れてしまうようなクラスです。何で、そんなに受講者が殺到するのかって?まっ白い犬なんです!とにかく、まっ白い犬なんですっ!えっ!意味がわからない?まっ白い犬。顔も白けりゃ・・・尾も白いんです。そう、おもしろいんです!講義が漫談みたいで無茶苦茶おもしろいんです!大学受験で必死になっている予備校の授業で、爆笑渦巻くクラスなんです。講師の方はただのちっちゃいハゲちゃびんのおっさんなんですけど、とにかく話がおもしろいんです。勿論、余談ではありません。全てが現代国語の講義、つまり入試問題の解法の仕方を丁寧にわかりやすく説明してくれるのですが、その解法の例えが、どこからそんな例えを思いつくのかというくらい突飛で且つユーモアに溢れているのです。だから、受講生はみんな成績が上がる。講義の内容をよく覚えているもんですからね。そうすると、それが評判になって、どんどん受講希望者が殺到するってな具合。

 私も、お笑いの勉強を本気でして楽しいカバラ講座を開けるよう、精進する所存です!「エノクの会」のみなさん、ごめんなさいね <(_ _)>。少しづつ面白くなるように努力していきますんで、なが~い目で見てやってください!

 目指せ、ジョン・クリーズ!って誰も分かんないか・・・

 目指せ、Mr.ビーン!って、彼は喋んないか・・・

 そういえば、笑い飯の哲夫が、東京大学の「おもしろ仏教講座」という企画で仏教についての講演をするらしいです・・・

 私も東京大学で「そんなバカラのカバラ講座」を開けるように頑張るぞ!!っと固く決心するものであります・・・微妙に方向性に問題有り???

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    れいこ (水曜日, 18 5月 2011 23:16)

    微妙にじゃなくて、かなり問題があったりして。。。ヒッヒッヒッ
    なが~い目っていうのは何十M位あったらよろしいのでしょうか?(*^^)v

  • #2

    kabbalah-and-astrology (木曜日, 19 5月 2011 00:22)

    れいこさん

    なが~い目っていうのは、大天使メタトロンの目と同じくらいの長さでみてください!

  • #3

    masako (木曜日, 19 5月 2011 12:37)

    瞑想会今回も濃かったです。お弁当で言ったら二段(三段かも)重ねの豪華幕の内&洋食弁当。
    美味しいおかずが多過ぎて、最後にご飯(時間)が足りなくなっちゃって、それでも私は全然構わないのです。

    山蔭先生のお話は大変興味深かったです。カバラと神道、…おもしろいですね(深過ぎて何も言えません)。お話の続きを楽しみにしております。

    瞑想で見た廃墟の家はただいまリフォーム中です。

    13時時計の早稲田予備校懐かしいです。