知ることからはじめましょう

自分を知り運命を知る!
 
カバラ的占星術チャート
リーディング・セション
 
神の叡智を知る!
 
カバラ・スタディグループ
「エノクの会」
会員募集中 !!
 

 

ぜひ、ごいっしょに!

 
✡新規イベント準備中です
  今暫くお待ちください  
 
日程 : 未 定
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未 定  
 
 
「カバラ入門1日コース」
 
カバラの誕生から現在に至るまでの歴史的変遷、及び“トレドの伝統カバラ”の基本的概念を学びます。
また今回は特別に「ユダヤ人大富豪の教え」と題して、私が直接ユダヤ人のとある大富豪より伝えられた「秘密」もお伝えする予定です。
 
 
日程 : 2013年12月29日(日)
時間 : 11:00~18:00
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : \8000.-
 
※講座終了後イスラエル料理店にて懇親会を予定(任意参加)
 
 
 
 
 
 
第一期:「エノクの会」開催要綱
 
※「エノクの会」に於けるカバラの学習内容は、マギー・ホワイトヘッド女史の「トータル・カバラ・コース」の解説から、シモン・ハレヴィ師の著述及び講演会、ワークショップの解説を中心としたものに変更致しました。
 
日程 : 調整中
時間 : 調整中
場所 : JR目黒駅近くのサロン
会費 : 未定
 
 
 
 

 

 
 
 
 
カバラ : 生命の木
        生命の木

ミツバチの囁き

 

 お金を1円も使わずにビジネスを作り出すというスマートさに非常に興味をそそられている、ピーター・セージというイギリス若手No.1の起業家が、やはり起業家であるキース・カニングハムから聞いたという寓話と、その話についてのピーター・セージのコメントを紹介します。

 

 

✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡

 

 

「ミツバチの生きる目的を知っているかい? もしミツバチに『あなたたたちは何のために生きているのですか?』と尋ねたのなら、きっとこう答えるだろう。『ハチミツを作ることが仕事よ。せっせとミツを作るの。何故なら、私たちはミツバチだから。』」

 

 キースは続けます。

 

「でも、その答えは必ずしも正しくない。ミツバチには、ハチミツを作ることなどよりも、生態系やエコロジーに対し、遥かに重要な役割があるんだよ。その役割とは、花の『花粉』を運び、受粉の手伝いをすること。それにより花は咲くことができ、生命が循環している。仮にその営みを取り去ったとしたら、すべての生態系が崩壊してしまうほど、もっとも根本的、かつ絶対不可欠な役割を担っているわけだ。」

 

 当のミツバチは何も知らないでしょう。もし、今、全世界のミツバチが「自意識」に目覚め、こう言い始めたらどうでしょう?

 

「ねぇ、私、生きる目的を知りたくなってきたの。仕事なんか放って、山で瞑想するわ。生きる意味の答えが見つかるまで、山頂のバラの茂みにしばらく引きこもるの。使命が見つかれば、充実感と情熱に満たされて、また仕事に戻ることができるから、しばらく仕事はお休みね。」

 

 全世界のミツバチが突如そんなことを言い出したら、花が咲かなくなり、生態系の循環が停止してしまいます。

 当のミツバチは気づいていないかも知れませんが、「毎日の仕事を精一杯こなすこと」で、彼等の真の使命がまっとうされているのです。

 

 私が言いたいのはこういうことです。

 

「あなたが日々無意識に、自然体でできていることの中には、実は世界に大きく貢献しているようなことがある」

 

 のです。

 

~ from How to master your life 「自分を超える法」  by Peter Sage

 

 

✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡✡

 

 

 この話には、カバラの教えに通じるところがあるように感じられます。

 神道もまた、然りです。

 特に、

 

 「日々無意識に、自然体でできていること」

 

 という一節が、私には非常に意味深く感じられます。

 

 本当の意味での「生きることの意味」というものは、実は、我々人間の知る由も無いことなのかも知れませんね。

 

 

 おっと、「生きることの意味」を求めて神道も修行し、人の魂の在り方を読み解く“カバリスト”が、こんなことを言ってはいけない! 

 

 営業妨害だ!!

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ボンテーヌ♪ (土曜日, 28 1月 2012 16:42)

    もう、今、そのミツバチの制約はなくなったように思います。みんな「自由」!  そして全ての生態系が変わっていく。あれだけ「ワンネス」なんていっていたのにね。
    人間はその自我の「自由」と引き換えにする犠牲は何なのでしょうか? でも、見方を変えれば、その抑制されていた自由って何だろう? そして、全ての人間が輝いたらどうなるんだろう? その輝きを見ようと思います。でも、わたしは、この神と自然と、他人と調和したいつもと変わらない今のあふれる愛の「今」の「自由」を楽しみたいと思ってます。十分です。
    重田さんも、きちんと地に足をつけた上で、きちんとバランスをとって、転んだらすぐに一人で起きて自由を楽しんでくださいね。踊る阿呆に、みる阿呆。同じアホなら踊らな損損♪ きちんと準備した上で、目的を持った「自由」なら、きっと奇跡を体験できるように思います。さようなら〜